総合オンラインアシスタントサービス

小規模ビジネスの場合、コア作業に集中するためにその他の作業をアウトソーシングするのが一般的ですが、私も数年前までは必要な業務を代行してくれる様々なサービスを利用していました。 電話やメールは受付代行や電話代行。 事務は事務代行。 市場調査はリサーチ会社。 スケジュールや予定の管理は秘書代行という具合。 しかし、これらのビジネスサポートサービスを一つ一つ精査して個別に契約するのもかなりの労力で、それぞれに出次ポットや最低契約期間の縛りがあり、なおかつ業務リクエスト窓口も別ですので管理が大変でした。 それが一変したのは今ネットで話題のオンラインアシスタントです。 オンラインアシスタント(オンライン秘書)を提供するサービスは、これらの様々な業務の実務経験がある人材を一括管理していてコミュニケーターが顧客の必要な業務に適したアシスタントを割り振ってくれます。 しかも、月単位、週単位、日単位、さらにフレキシブルなサービスではプリペイド式に時間で契約し、作業時間を消費した分だけの費用を支払うような仕組みになっています。 これなら、窓口も一つで契約も楽ですし、人員がそろって不要になった業務に関しては契約を終了して、必要な作業のみを残して業務代行をしてもらえばよいという事でかなりのコスト削減と効率化になるのです。

Continue reading »

ダイエットは効率化

男性の方はたくましくなりたいとか、筋肉を見せたいという理由で筋トレを始める人が多いのではないかと思いますが、女性の場合はもっとクレバーで、筋肉をつけてカロリー消費量を増やし、「痩せたい」という「効率」の問題で筋トレを始める人が多いと思います。 「?」という人のために解説すると、筋肉は最もカロリーを消費する燃費の悪い人体の材料なので、筋肉を増やすと生きているだけでどんどん体内のエネルギーを消費していくんですよね。 ダイエットというのは、普通なら苦しくてきつい体質改善をいかに楽に行うかという究極の美容ですから、クレバーなことをして痩せるのだったら何でもやります。 女性は健康のためではなく、人にナイスボディーを見せるためでもなく、自分のために頑張るのです。 大分でダイエットの記事をブログに書いているトレーナーの方のポストはまさに効率化の塊で、私は昨年自身のダイエットを始めてからある程度の成果を出すまで、ひたすら読みまくりました。 食事をする前に炭酸水を飲め!とか、楽に筋肉をつけるにはこうしろ!とか、とにかく効率化を極限まで進めて、それをこなしてやっと体系が変わったことを実感できるという、非常にシビアな世界なのです。

Continue reading »

ハイレベル整体

今月に入って持病の腰痛が悪化してきたので近所に良い整体がないか探していました。 そのことを兄に話したら、兄の息子(私の甥)が部活でスポーツをしていたのですが、腰を痛めてしばらくお休みしていたところ、横浜に腰の手業治療で評判の先生がいるということを聞いて通い始めたそうです。 すると半年ほどで部活のレギュラーに戻れるほど回復したということで、腰痛癖がつかないように様々なセルフケアも指導してもらえたそうです。 やはり腰の痛みというのは日々の生活の中で気を付けてケアしていかなければいけないということで、姿勢も悪く、運動不足でデスクワークの私にはとても納得できます。 それを聞いて整体院の名前を聞いてスマホで調べてみることにしました。。 瀬谷区の整体で、最寄駅ではないですが、兄家族の住むマンションが近くにあるので土地勘はあります。 私は平日休みの職業なので、うまく予約が取れれば車で行けそうです。 オフィシャルホームページがあったので料金を見ると、有名な先生の割には安く、初回4000円でした。 もう私もアラサーですから腰痛といってもあちこちがこって痺れています。 せっかく休みをつぶして通うんだから、徹底的に治してもらおうとホームページの施術メニューから「ハイレベル整体」というのを選ぶことにしました。

Continue reading »

今のゲームは攻略法よりデータ重視

私はたまにスマホアプリやパソコン(ブラウザゲーム)でゲームをしますが、以前のように家庭用ゲーム機(PS3やWiiなど)を買って、パッケージを買いに行くようなことは無くなりました。 それでも、タブレットを含むスマホアプリゲームは、操作性こそ家庭用ゲーム機には劣りますが、グラフィックやクオリティーは一昔前のゲーム機なんて太刀打ちできないレベルになっています。 ゲーム自体も複雑でよくゲームの攻略情報を載せたサイトを見ていますが、これはゲームクリアの手順を見るためではなくて、膨大な登場キャラや武器のデータを確認するために見るというのが昔と違うところだと思います。 たとえば、今やっているドールズフロントラインというアプリは、艦コレのような今はやりの「擬人化」系ゲームですが、膨大な銃器(擬人化キャラ)をイラストや単なる好みで選んでいては効率が悪すぎるという事で、スペックをチェックする必要があるのです。 攻略というより、Wikiやデータベースとして使用し、実際の戦法(攻略)は自分が考えるという事なのでいわゆる攻略本のような使い方とは違うと思います。 戦術や技などはバージョンアップで使えなくなったりと、オンラインゲームでは流動的なため、SNSやコミュニティーでリアルタイムの情報をやり取りするのが多いです。 ゲームのフォーラムなどでもポスト時期が古い投稿の方法は、使えなくなっているという事が多々ありますので、出来るだけ詳細にデータベースを載せているゲーム攻略サイトをブックマークして、使うようにしています。

Continue reading »