総合オンラインアシスタントサービス

小規模ビジネスの場合、コア作業に集中するためにその他の作業をアウトソーシングするのが一般的ですが、私も数年前までは必要な業務を代行してくれる様々なサービスを利用していました。 電話やメールは受付代行や電話代行。 事務は事務代行。 市場調査はリサーチ会社。 スケジュールや予定の管理は秘書代行という具合。 しかし、これらのビジネスサポートサービスを一つ一つ精査して個別に契約するのもかなりの労力で、それぞれに出次ポットや最低契約期間の縛りがあり、なおかつ業務リクエスト窓口も別ですので管理が大変でした。 それが一変したのは今ネットで話題のオンラインアシスタントです。 オンラインアシスタント(オンライン秘書)を提供するサービスは、これらの様々な業務の実務経験がある人材を一括管理していてコミュニケーターが顧客の必要な業務に適したアシスタントを割り振ってくれます。 しかも、月単位、週単位、日単位、さらにフレキシブルなサービスではプリペイド式に時間で契約し、作業時間を消費した分だけの費用を支払うような仕組みになっています。 これなら、窓口も一つで契約も楽ですし、人員がそろって不要になった業務に関しては契約を終了して、必要な作業のみを残して業務代行をしてもらえばよいという事でかなりのコスト削減と効率化になるのです。

Continue reading »

収益不動産

会社勤めをしていますが、今の時代、なかなか給料が上がりません。 老後のことも考え、何か投資をして収入を増やそうと思い、色々調べてみることにしました。 今の仕事に支障が出ないで、できるもの、そして、出来るだけリスクの少ないものを中心に調べてみました。 すると、マンションのオーナーになって家賃収入を得られるというものを見つけました。 私が気に入ったポイントとしては、マンションの管理は業者がやるので、会社勤めに影響がないこと、自分名義の不動産になるので、投資がマイナスになるリスクが少ないということがあります。 でも、一室のみの購入とは言え、簡単に支払える金額ではありません。 しかし、ほとんどの物件が、家賃収入でローンが組めるとわかり、これにしようと思いました。 後は、どのような場所でどのような入居者が多いかなどをネットの収益不動産ツールで調べ、物件選びに活かしました。 手続きなどは、業者の人がいるので円滑に進みました。 マンション投資でも注意したいポイントがあります。 当然の事ながら入居者がいない空室状態だと一切収入がない事です。 いかに入居者を獲得できるのかがとても重要になってきます。そして建物の経年劣化により修繕費等が必要になってきます。 あまりにも古く汚い物件では入居者は寄り付きません。 又、投資をやめたいと思って物件を手放したいと考えた時に、買い手が付かない限りは手放す事ができません。 投資にはメリット・デメリットは必ず存在します。 しかし不動産投資は経済政策に影響されにくく安定した収益を得られる可能性があるため、堅実な投資といえるのではないでしょうか。

Continue reading »

プロジェクターのレンタル

勤めていた会社で、プロジェクターのレンタルを利用したことがあります。 なぜ必要になったかというと、展示会に出展することになったからです。 今までは工場見学をしてもらうなどで、仕事を取っていました。 ただそれだけでは十分ではなく、積極的に会社をPRするために様々な展示会に参加することに。 そこでプレゼンをすることになったのですが、今までに経験がないためプロジェクターを持っていませんし、大き目の部屋で使用するにはルーメンが高く解像度も良いものを使用する必要があり、かなり高額です。 ネットでプロジェクターのレンタルを検索すると、打ち込みや比較情報サイトが出てきました。 この業界のことが分からなかったので、サイト作りがしっかりしていて信頼できそうなところに連絡してみました。 すると対応がよかったので、その業者に決めました。 展示会は2日間です。 何かトラブルがあってはいけないので、6泊7日のコースで申し込みました。 申し込んだ翌日には宅配便で届き、迅速な対応で驚きました。 とりあえず使い方の練習をして、本番に臨みました。 プレゼン自体は事前に準備もしっかりしていたので、成功しまし、プロジェクターは宅配業者を利用して返却できました。 その後は頻繁に使用するとのことで、プロジェクターを購入することになりました。

Continue reading »

トラック配送の思い出

大学を卒業して就職難から思ったように就職活動が進んでいなかった当時知人から遺品整理業者への就職先を紹介せてもらいました。 どこかで働かなくてはならいと意識が強かった私は新卒で契約社員としてその会社で働き始めました。 遺品整理業といっても業務は多岐に渡り、財産の整理やハウスクリーン具、家具や家電を遺族に配送する作業などがあり、私は主に中古トラックを運転して配送を担当していました。 新人は遺品整理の要領を覚えるまでは配送業務をすることが先輩の方針で軽トラックを運転して仕事を続けていました。中古の軽トラックを会社から借りていたのですが、これがとても運転しやすくて高速道路もスイスイ駆け抜けて依頼者の所へ荷物を届けていました。 トラックを運転している時は、楽だったのですが荷物の積み下ろしの時はとてもきつかった思い出があります。 入社して半年程した頃には後輩が新しく入ってきたので、一緒にトラックに乗って配送を担当していました。 その後輩は、車の修理が得意で調子の悪い車両も中古トラックパーツを取り寄せて自分で直していたのですごいなと思っていました。 ラジオが好きで、運転中も必ずお気に入りのラジオにチャンネルをセットして聞いていました。 特にトーク番組はどのタレントが出演するかまでチェックしていたのでいつも驚かされていました。現在は別の仕事をしながら当時を振り返り懐かしく思っています。

Continue reading »