ダイエットは効率化

男性の方はたくましくなりたいとか、筋肉を見せたいという理由で筋トレを始める人が多いのではないかと思いますが、女性の場合はもっとクレバーで、筋肉をつけてカロリー消費量を増やし、「痩せたい」という「効率」の問題で筋トレを始める人が多いと思います。

「?」という人のために解説すると、筋肉は最もカロリーを消費する燃費の悪い人体の材料なので、筋肉を増やすと生きているだけでどんどん体内のエネルギーを消費していくんですよね。

ダイエットというのは、普通なら苦しくてきつい体質改善をいかに楽に行うかという究極の美容ですから、クレバーなことをして痩せるのだったら何でもやります。

女性は健康のためではなく、人にナイスボディーを見せるためでもなく、自分のために頑張るのです。

大分でダイエットの記事をブログに書いているトレーナーの方のポストはまさに効率化の塊で、私は昨年自身のダイエットを始めてからある程度の成果を出すまで、ひたすら読みまくりました。

食事をする前に炭酸水を飲め!とか、楽に筋肉をつけるにはこうしろ!とか、とにかく効率化を極限まで進めて、それをこなしてやっと体系が変わったことを実感できるという、非常にシビアな世界なのです。