恋愛に必要な会話術

これは実体験なのですが、異性との会話でやたらとノリがよくどんな話でも上手に膨らませて盛り上げるのがうまい人がいました。 ただ、これが恋愛と考えると結構NGな場合が多いのです。 少なくとも私は「ああ、ちょっと軽すぎるな。真剣な話が出来なさそう。」とか、交際を考えるに至らない場合が多いです。 たぶん、話はうまくキャッチボールできますが「すべてが無難」な内容で、別に私が開いてでなくとも同じ話の展開なんだろうなと感じるのです。 逆に、親権で素敵だなと思った話し方は、少々つまずいたりあせったりしても、一生懸命話す人です。 けして焦らずに私の性格や距離感と、その人の気持ちと距離感を、真剣に近づけようとしているんだなと感じるからです。 恋愛会話術のブログで興味深い事が書いてありました。 相手が自分のことを好きなのか、嫌いなのか、 これがわからないときが一番居心地が悪くて それに対して悩むこと自体が苦しいわけです。 結果 自分が楽になろうとして、告白して失敗する、というパターンが いわゆる焦りというやつです。 これは男性にも女性にも言える事ですが、途中で「白黒させたい」という気持ちが強くなって、まだ告白するべき時期ではないのに当たって砕けるという事がありますよね。 これは、上記のブログが言うように、自分自身の葛藤で勝手に恋愛のクライマックスを作って知っているんですね。 わたしにも身に覚えがあるので、勉強になりました。

Continue reading »