痛風食事一覧表

中年男性が恐れる、身近な健康被害は「糖尿病」「痛風」「腰痛」がベストスリーだと思います。 というのも、知人や親せきで30代以上の男性に会えば必ずこのどれかを患っていて、生活に支障をきたしているからです。 大抵の場合、この三つのどれかを持病として持っている人は食事の際や移動の際に、「これこれこう言う理由でこれが出来ない」という事を説明して、「この病気には絶対なら無いようにした方が良い」という事を力説します。 私は若いころ、この一連の流れが正直煩わしいなとさえ思っていました。 しかし、30歳を過ぎたある日、突然のぎっくり腰で身動きが取れなくなり、その激痛は若いころ想像していた”わずらわしい体験談”の印象など可愛らしいほどのものでした。 その後も、治療の為2週間、病院と指定の接骨院への通院を繰り返してようやく症状が治まりました。 それからすぐに、人に会うたびに、「いかにそれがひどい症状なのか」「どうすれば予防できるか」「気を付けた方が良いという念押し」を繰り返すようになりました。 動けるようになったすぐにやったことは、過去に忠告されたことを思い起こし、酒のみの自分の場合「痛風」と「糖尿病」にも注意すべきだという事の自覚です。 糖尿病はたくさんの書物やデータがあるのですが、痛風は未知の世界の為、地道にネットから情報を集めています。 痛風の食事予防の情報を扱うサイトの 痛風食事一覧表 という一覧データが非常に役に立ちました。 あとは、初期症状のリストをプリントして自分に当てはまらないかをチェック、日ごろからできる体質改善策を一つ一つ追加して自己管理を徹底していこうと考えています。

Continue reading »