SEOのNG

この頃、SEOブログを読んでいても「?」と思うような記事を良く見かけるようになりました。 中でも、「相互リンクはNG!終わった!悪意が無くてもNG!」「ディレクトリは終わった!NG!」というような感じで、ありとあらゆるリンクをペナルティーの原因にして「さて、ホワイトハットSEOならそんな危険な目にあいません。10万円で1年以内に少しだけ順位を上げます。ただし絶対ではありません。」という怪しいサービスに誘導されてしまうのです。 私は趣味でバンドをやっているのですが、基本的に趣味のホームページの世界は未だに相互リンクがアクセスの大半を占めています。 みんなインターネットオタクではなくて、音楽が趣味だったり、バイカーだったり、「リアルの世界をエンジョイ」しているので、そんなネットオタクのようなことまでは気を付けてリンクなんて張りません。 そんな現状をどう思うのか聞いてみると、SEOブログの人は nofollow というタグを付けないと相互リンクはいずれペナルティーになりますと説明します。 それでもペナルティーを受けないとわかると、同じ趣味のサイト同士だからOKなんですと説明します。 しかし、趣味の人達のブログは多種多様です。 バンド関連のサイトなんて半分以下なのです。 私はもう彼らの「白い」SEOとやらは信じていません。 話は変わりますが、相互リンクと被リンクというブログのエントリーを読んで、なるほどなと思ったのは「そもそも、googleの言う相互リンクやディレクトリリンク」は日本で言われている物と全く違う事です。 googleの言う相互リンクとは、システマチックに増殖していく無差別リンクシステムを指し、ディレクトリは大本のディレクトリと全く同じ内容をたくさんのドメインで表示しているシステムを指すようなのです。

Continue reading »